• サイトマップ
  • 大腸がん情報サイトとは

HOME


HOME  >  大腸がんトピックス  >  【副作用】抗がん剤による副作用のセルフケア(4):疲労感 ・倦怠(けんたい)感

大腸がんトピックス

公開日:2013.06.17

【副作用】
抗がん剤による副作用のセルフケア(4):疲労感 ・倦怠(けんたい)感

抗がん剤はがん細胞に作用するだけでなく、正常な細胞へも影響を与えるため、副作用が現れることがあります。
そのため、抗がん剤治療を行うときには、副作用を軽減させる薬を用いることがあります。
また、患者さんが日頃からセルフケアを心がけることでも、副作用の予防や症状の軽減が期待できます。
「大腸がんトピックス」では、治療中に現れやすい副作用のセルフケアについて紹介していきます。

今回は、疲労感・倦怠感のセルフケアについてご紹介します。

原因

疲労感・倦怠感が現れるメカニズムははっきりとはわかっていません。
抗がん剤治療による栄養不足や貧血など、さまざまな原因で引き起こされると考えられています。
また、がんそのものによる影響によって引き起こされることもあります。

症状

  • ・ 疲れやすい
  • ・ だるい
  • ・ 体が重い

など

化学療法を受けるほとんどの人が感じる症状といわれています。
初回の抗がん剤投与からみられ、2回目、3回目と投与を続けるごとに蓄積されやすいといわれています。

セルフケア

  • (1)だるさや疲れやすさを感じたときの状況や変化をノートなどに記録し、自分の倦怠感のパターンを把握しましょう。
  • (2)エネルギーの消耗が少なくなるように、1日のスケジュールの調整を行いましょう。
    • ・ 無理をせず、家族や同僚の助けを借りましょう。
    • ・ 十分な睡眠をとりましょう。眠れないときは医師に相談しましょう。
  • (3)十分な水分補給と、栄養価の高い食事を心がけましょう。
  • (4)体調を見ながら、散歩やストレッチなどの適度な運動を行いましょう。
  • (5)自分なりのリラックスや気分転換の方法を見つけ、ストレスをやわらげましょう。
    • ・ 例として、マッサージや入浴、アロマセラピー、音楽を聴く、外出する、趣味を楽しむなどがあります。
Loading...

一覧に戻る

<アンケート>みなさまの声をお待ちしています。

ご協力いただいた方には、「大腸がんに関する身近な疑問についての冊子(PDF)」をプレゼント!
※ご回答いただいた内容は、当ウェブサイト「みんなの声」にてご紹介させていただく場合がございます。

大腸がんの手術後の生活についてお聞きします

術後の生活について、手術前に思っていたよりも大変だったこと、または大変ではなかったことを教えてください。 (任意)

※1000文字以内

術後の生活を送るうえで大変だったことはどのように工夫して乗り越えましたか。またこうしておけば良かったといったことはありますか。 (任意)

※1000文字以内

当ウェブサイトへお越しいただいたみなさまにお聞きします

年齢(必須)

立場(必須)

ステージ (任意)

術後の生活で不安に感じることについて、具体的にどのようなことがありますか。 (任意)

※今後、術後の生活に関して医師にインタビューを行う予定です。いただいたご質問をインタビュー時の参考にさせていただきます。

※1000文字以内

  • ※こちらでのお問い合わせには返答申し上げることはできません。
  • ※個別の病状に関するご質問にはお答え致しかねますので、かかりつけ医・病院へお問い合わせください。
  • アンケートを送信する

ページ先頭へ



当ウェブサイトは、大腸がんやその治療法などに関する一般的な情報を提供するものであり、特定の治療法などを推奨するものではありません。病状や治療法などに関しての判断は、担当医またはかかりつけの医療機関にご相談ください。