• サイトマップ
  • 大腸がん情報サイトとは

HOME


HOME  >  患者さん・家族の闘病記  >  治療中はほとんど出勤できず。任せられる仕事はほかの人に任せるのがポイント。 64歳男性の闘病記(2)

患者さん・家族の闘病記

公開日:2017.01.12

意思表示が、治療と仕事の両立のカギ

抗がん剤治療中は、ほとんど出勤できず。任せられる仕事はほかの人に任せるのがポイント。

抗がん剤治療(術後補助化学療法)をしていたとき、仕事はどうしていましたか?

治療中は体の調子があまり良くなかったので、2週間ごとの抗がん剤の点滴で通院する日以外は、ほとんど自宅で過ごしていました。それでも、最低限の仕事はしないといけなかったので、2週間のうち3日間、それも半日だけ出社していました。抗がん剤治療を終えてからは、検査の日は午前中だけ仕事をして、午後に病院へ行くという生活を続けていました。

がんになる前と後で、仕事の時間に変化はありましたか?

がんになる前は、精力的に仕事をこなしていました。1年に4回ある決算の時期は忙しく、深夜に帰宅するということもありました。がんになった後は、やはり以前と同じ量の仕事をするのは難しいと感じて、業務量を減らすように調整しました。

どのように業務量を調整したのか教えてください。

管理職という立場上、ほかの人に任せられる仕事は任せて、責任や役割の分担を明確にしました。業務の引き継ぎをさせてもらった方々は、私には言いませんが、ほかの部署との調整などでいろいろと大変なことがあっただろうと思います。職場のみんなにはとても感謝しており、頭が上がらない思いです。

部署の異動はありましたか?

私自身は部署の異動はありませんでしたが、がんになる前と同じ部署で業務をするのが難しい方は、部署を変えてもらうよう会社に相談しても良いかもしれません。仕事において適材適所が大切だということは、病気だからというわけではなく、健康な人でも言えることですから。

直属の上司のほかに、状況によっては人事部や総務部へ相談を。

会社の方々に、大腸がんだということは話しましたか?

上司以外には直接話していませんが、みんなが徐々に察してくれていたようでした。社内で定期的に行う大きな会議の際に、通常は私が20分ほど発表する場があるのですが、治療のためにどうしても出席できないことがあります。すると、「何かあったのだろう」という雰囲気になったようで、業務に関係する方々に伝わっていったようです。出席できない会議の発表自体は、予め代理の方にお願いをしておいたので、滞りなく進めてもらえました。

がんの治療と仕事を両立させるために、どんなことに気をつけると良いでしょうか?

所属部署や役職などによって事情は異なると思いますが、やはり会社に相談して、しっかり意思表示することが大切ではないかと思います。がんの治療が始まると、手術のための入院以外でも休みをとったり、業務内容を変えてもらったりなど、会社に配慮してもらうことが出てきます。相談相手としては直属の上司のほかに、休暇や給料、時短勤務などの制度面に関しては、人事部や総務部などが良いかもしれません。私自身は民間のがん保険に加入していたり、高額療養費制度の存在を知っていましたが、それらについての情報提供も受けられるかもしれません。

経済的な面で、不安はありましたか?

娘たちはすでに自立していたので養育費の心配はありませんでしたが、がんの治療を受ける人の多くが不安になることとして、やはり収入面の問題は大きいと思います。生活がかかっていますからね。会社はがんになったという理由だけで、社員を退職させることはできないはずですが、業務量が減ることで収入が下がる可能性は考えられます。実際に収入が下がるかどうかは、やはり会社に一度相談してみるのが良いと思います。

治療が終わって無事に5年が経過した今、どんな気持ちですか?

「がんは5年の間に再発しなければ安心できる」ということはよく聞きます。5年間は再発する可能性が高いということだそうですが、その期間は頻繁に検査をしてくれるので、むしろ私は「何かあっても、すぐに見つけてもらえる」という安心感をもって過ごしていました。再発せず5年が経過したことについては、私より家族のほうが喜んでくれているかもしれません。仕事は今も続けていますし、がんになってから始めたサイクリングも楽しんでいますよ。

大腸がんの患者さんとご家族へのメッセージ

病気にかかったときに困難なのは、病気だけでなく、自分の心の弱さとも闘うことだと思います。闘いに勝つために欠かせないのは、前向きな姿勢です。そういう姿勢でいられるように、私は家族へ感謝の気持ちを常に伝え、自ら進んで家族が集まる機会を増やし、良い関係を保つことを心がけました。友人や会社の方に病気のことを隠さず報告したのは、治療が終わって、私生活の楽しみや仕事の段取りなどを考えられるようになった頃です。職場に復帰した後、元の業務量にどうやって戻していくかは、常に体の状態の変化に気を配りながら、会社の方と相談して決めていくことが大切です。

Loading...

<アンケート>みなさまの声をお待ちしています。

ご協力いただいた方には、「大腸がんに関する身近な疑問についての冊子(PDF)」をプレゼント!
※ご回答いただいた内容は、当ウェブサイト「みんなの声」にてご紹介させていただく場合がございます。

大腸がんの手術後の生活についてお聞きします

術後の生活について、手術前に思っていたよりも大変だったこと、または大変ではなかったことを教えてください。 (任意)

※1000文字以内

術後の生活を送るうえで大変だったことはどのように工夫して乗り越えましたか。またこうしておけば良かったといったことはありますか。 (任意)

※1000文字以内

当ウェブサイトへお越しいただいたみなさまにお聞きします

年齢(必須)

立場(必須)

ステージ (任意)

術後の生活で不安に感じることについて、具体的にどのようなことがありますか。 (任意)

※今後、術後の生活に関して医師にインタビューを行う予定です。いただいたご質問をインタビュー時の参考にさせていただきます。

※1000文字以内

  • ※こちらでのお問い合わせには返答申し上げることはできません。
  • ※個別の病状に関するご質問にはお答え致しかねますので、かかりつけ医・病院へお問い合わせください。
  • アンケートを送信する

ページ先頭へ



当ウェブサイトは、大腸がんやその治療法などに関する一般的な情報を提供するものであり、特定の治療法などを推奨するものではありません。病状や治療法などに関しての判断は、担当医またはかかりつけの医療機関にご相談ください。