• サイトマップ
  • 大腸がん情報サイトとは

HOME


HOME  >  大腸がんQ&A  >  再発したときは、どのような治療をするのでしょうか?

大腸がんQ&A

監修:佐藤 温 先生
弘前大学大学院医学研究科 腫瘍内科学講座 教授

公開日:2019.01.21

手術後の再発のこと

再発したときは、どのような治療をするのでしょうか?

再発しても、がんをすべて取りきることができる場合は手術が勧められます。手術が難しい場合は薬物療法や放射線療法を行います。

大腸がんの主な再発のパターンには、「局所再発」と「遠隔転移」があります。局所再発は、がんが、もともとあった部位の近く(局所)に起こる再発のことで、直腸がんの手術をした人で多いとされています。遠隔転移は、大腸に発生したがんが、リンパ節や肝臓、肺、骨、脳などの大腸から離れた臓器に飛び火して大きくなることで、肝臓や肺に多くみられます。
再発した場合、まずはどの部位(臓器)にどれくらいの大きさの再発がいくつあるかを詳しく検査します。
患者さんの体力が手術に耐えられるか、手術後に残った臓器の機能で生活に支障が起こらないかといった点を考慮して、再発したがんをすべて取りきることが可能と判断されれば手術が勧められます。
手術ができない場合は、がんの進行を遅らせるために、薬物療法や放射線療法が行われます。近年、薬物療法で使用できる新しい薬が開発され、治療の選択肢も増えてきています。
薬物療法について詳しく知りたい方は、大腸癌研究会のサイトに掲載されている「大腸癌治療ガイドライン」を参照してください。

Loading...
  • 前の質問へ
  • Q&A一覧へ
  • 次の質問へ

<アンケート>みなさまの声をお待ちしています。

ご協力いただいた方には、「大腸がんに関する身近な疑問についての冊子(PDF)」をプレゼント!
※ご回答いただいた内容は、当ウェブサイト「みんなの声」にてご紹介させていただく場合がございます。

大腸がんと診断された方にお聞きします

どのような経緯で大腸がんが見つかりましたか。 (任意)

※1000文字以内

大腸がんと診断された後、どのようなことを考えましたか。また、家族や職場に伝えられた場合には、いつ・どのように伝えましたか。その方々の反応も合わせて教えてください。 (任意)

※1000文字以内

当ウェブサイトへお越しいただいたみなさまにお聞きします

年齢(必須)

立場(必須)

ステージ (任意)

大腸がんについて知りたいことや、このサイトに関するご意見をお聞かせください。 (任意)

※1000文字以内

  • ※「みんなの声」への掲載にあたり、ご回答内容を一部省略させていただくこともございます。
  • ※こちらでのお問い合わせには返答申し上げることはできません。
  • ※個別の病状に関するご質問にはお答え致しかねますので、かかりつけ医・病院へお問い合わせください。
  • アンケートを送信する

ページ先頭へ



当ウェブサイトは、大腸がんやその治療法などに関する一般的な情報を提供するものであり、特定の治療法などを推奨するものではありません。病状や治療法などに関しての判断は、担当医またはかかりつけの医療機関にご相談ください。