• サイトマップ
  • 大腸がん情報サイトとは

HOME


HOME  >  大腸がんトピックス  >  【副作用】抗がん剤による副作用のセルフケア(5):末梢神経症状(しびれ)

大腸がんトピックス

【副作用】
抗がん剤による副作用のセルフケア(5):末梢神経症状(しびれ)

(13/08/12)

抗がん剤はがん細胞に作用するだけでなく、正常な細胞へも影響を与えるため、副作用が現れることがあります。
そのため、抗がん剤治療を行うときには、副作用を軽減させる薬を用いることがあります。
また、患者さんが日頃からセルフケアを心がけることでも、副作用の予防や症状の軽減が期待できます。
「大腸がんトピックス」では、治療中に現れやすい副作用のセルフケアについて紹介していきます。

今回は、大腸がん治療で起こる末梢神経症状(しびれ)のセルフケアについてご紹介します。

原因

末梢神経症状(しびれ)が現れるメカニズムははっきりとはわかっていませんが、神経細胞が障害を受けることが原因だと考えられています。
特定の抗がん剤で起こりやすい副作用で、大腸がん治療で用いられる一部の抗がん剤でも起こることが知られています。

症状

  • ・ 手や足、口の周りがしびれる、痛む
  • ・ 食べ物や飲み物が飲み込みにくい

など

症状が強くなると、洋服のボタンをかける、物をつかむ、文字を書く、歩く、靴を履くなどの動作がしにくくなることがあります。
なお、氷の入った飲み物のグラス、ドアノブやハサミといった金属製品など、冷たいものに触れると症状が出やすくなると言われているため、注意が必要です。
検査ではわからない症状なので、違和感があれば早めに医師に伝えましょう。
早めに対処することが重要です。

セルフケア

  • (1)体を冷やしたり、冷たい物に触らないようにしましょう。
    • ・ 冬の外出時にはマフラーや手袋などを着用し、夏はエアコンの冷気に気を配りましょう。
    • ・ 冷蔵庫から物を取り出すときや金属製品を使うときは手袋をつけ、直接触れないようにしましょう。
    • ・ 飲み物は常温か温かいものにして、氷やアイスクリームは口にしないようにしましょう。
    • ・ 靴下などを履き、冷たい床を裸足で歩くのを避けましょう。
  • (2)手や足の裏の感覚が鈍くなっているため、けがややけどに注意しましょう。
    • ・ 包丁やはさみを使用するときは、けがに注意しましょう。
    • ・ 自分にあった靴を選び、転倒に注意しましょう。
    • ・ カイロや湯たんぽを使用するときや、コンロやストーブの近くにいるときは、やけどに注意しましょう。
  • (3)ぬるめのお湯での入浴、手足を動かす運動、マッサージなどで、症状が軽減できる場合があります。

一覧に戻る

<アンケート>みなさまの声をお待ちしています。

ご協力いただいた方には、「大腸がんに関する身近な疑問についての冊子(PDF)」をプレゼント!
※ご回答いただいた内容は、当ウェブサイト「みんなの声」にてご紹介させていただく場合がございます。

EBM標準治療について (必須)

  • よくわかった
  • 全くわからなかった

術後補助化学療法について (必須)

  • よくわかった
  • 全くわからなかった

年齢(必須)

立場(必須)

ステージ (任意)

大腸がんについて知りたいことや、このサイトに関するご意見をお聞かせください。 (任意)

※1000文字以内

  • ※こちらでのお問い合わせには返答申し上げることはできません。
  • ※疾患に関するご質問にはお答え致しかねますので、かかりつけ医・病院へお問い合わせください。
  • アンケートを送信する

ページ先頭へ



当ウェブサイトは、大腸がんやその治療法などに関する一般的な情報を提供するものであり、特定の治療法などを推奨するものではありません。病状や治療法などに関しての判断は、担当医またはかかりつけの医療機関にご相談ください。