• サイトマップ
  • 大腸がん情報サイトとは

HOME


HOME  >  医療従事者インタビュー

医療従事者インタビュー

インタビュー一覧

ある日、何の前触れもなく大腸がんと診断されたら…。
予備知識がないために、とまどい、不安になる方も少なくないでしょう。
また、ご自身で治療方法を選ぶ場面に直面し、悩むこともあるかもしれません。
大腸がんについての理解を深め、納得して治療を受けるために、実際の大腸がん治療について専門の先生の話を聞いてみましょう。

納得して治療を受けるために

EBM・標準治療とは

「根拠に基づく医療」を意味するEBM(Evidence-Based Medicineの略)は、現代の医療において、基本となる考え方です。診療ガイドラインが制作され、一般の方々もそれを目にするようになったことから、EBMへの関心は、近年一段と高まってきました。EBMの具体的な内容や、標準治療について知るメリットなどについて、大腸がんをはじめ複数の病気の診療ガイドラインの策定に携わっている吉田雅博先生にお話をうかがいました。

財団法人日本医療機能評価機構EBM医療情報部サービスセンター(Minds)吉田雅博先生 [2012.03.30]

「大腸癌治療ガイドライン」ってなに?

「大腸癌治療ガイドライン」は、現時点で推奨される標準治療をまとめた文書です。同ガイドラインの評価委員である西村元一先生に、ガイドラインを知るメリットや活用法について、「術後補助化学療法」を具体例としてお話をうかがいました。

金沢赤十字病院 西村元一先生 [2012.03.30]

大腸がん治療の現場から

看護師からみた外来化学療法の治療現場

近年では、大腸がんの抗がん剤治療(化学療法)は、入院ではなく通院(外来)で行われることが多くなりました。この外来化学療法の現場では、医師以外の医療スタッフも大きな役割を果たしています。今回は、外来化学療法センターでの治療の様子と、その中での看護師の役割について、神戸市立医療センター中央市民病院の看護師である濱田麻美子先生に、お話をうかがいました。

神戸市立医療センター中央市民病院 外来師長 濱田麻美子 先生 [2016.02.01]

がん患者さんとご家族の心のケア

がんと告知された直後や治療期間中、治療後など、さまざまな段階において、患者さんとそのご家族は不安を抱えます。そのような患者さんやご家族の心の問題を専門に扱うのが、1960年代にアメリカで生まれた精神腫瘍科です。がん患者さんとご家族の心のケアについて、精神腫瘍医である国立がん研究センター東病院の小川朝生先生に、お話をうかがいました。

国立がん研究センター東病院 小川朝生先生 [2015.09.15]

「あのとき、こうしておけば…」と後悔しないために

大腸がん治療の中心となる外科手術と、その後に行われる術後補助化学療法について、不安を抱えている患者さんも多いのではないでしょうか。大腸がんの治療が実際にどのように行われているのか、外科手術化学療法の両方をご担当されている、関西ろうさい病院の加藤健志先生にお話をうかがいました。

関西ろうさい病院 加藤健志先生 [2012.12.20]

大腸がん治療について悩みを抱えている方へ

がんの手術の後、再発を防ぐために行われる術後補助化学療法。どのような流れで治療が進んでいき、患者さんに対してどんな配慮がなされるのでしょうか。がんの化学療法がご専門であり、2度のがんの闘病体験がある長野県佐久総合病院の宮田佳典先生にお話をうかがいました。

佐久総合病院 宮田佳典先生 [2012.07.20]

ページ先頭へ



当ウェブサイトは、大腸がんやその治療法などに関する一般的な情報を提供するものであり、特定の治療法などを推奨するものではありません。病状や治療法などに関しての判断は、担当医またはかかりつけの医療機関にご相談ください。