• サイトマップ
  • 大腸がん情報サイトとは

HOME


HOME  >  大腸がんトピックス  >  【副作用】抗がん剤による副作用のセルフケア(1):口内炎

大腸がんトピックス

【副作用】
抗がん剤による副作用のセルフケア(1):口内炎

(12/12/06)

抗がん剤はがん細胞に作用するだけでなく、正常細胞へも影響を与えるため、副作用が現れることがあります。
そのため、抗がん剤治療を行うときには、副作用を軽減させる薬を用いることがあります。
また、患者さんが日頃からセルフケアを心がけることでも、副作用の予防や症状の軽減が期待できます。
「大腸がんトピックス」では、治療中に現れやすい副作用のセルフケアについて紹介していきます。

今回は、口内炎のセルフケアについてご紹介します。

原因

抗がん剤により、口の中の粘膜(舌、歯ぐき、唇やほおの内側など)が傷害を受けて炎症を起こします。
また、口の中の細菌などの感染から起こることもあります。

症状

  • ・ 痛み
  • ・ 出血
  • ・ 腫れ
  • ・ 口の中がざらざらした感じ
  • ・ 口の中の乾燥

など

一般的に、抗がん剤投与後、数日~10日後ごろに口内炎ができやすいと言われています。
口内炎がひどくなると、会話や食事がしにくくなり、体力が低下したり、イライラや不眠などが引き起こされたりすることもあります。

セルフケア

  • (1)口の中の状態を観察しましょう。
  • (2)歯磨きや、こまめなうがいを行って、口の中を清潔に保ちましょう。
    • ・ 歯ブラシは毛が軟らかいタイプを選び、強くブラッシングしないように気をつけましょう。
    • ・ 痛みや出血のため歯ブラシが使えない場合は、こまめにうがいをするだけでも効果的です。
    • ・ 歯磨き粉やうがい薬は、メントールやアルコールが含まれていないものを選ぶとよいでしょう。
  • (3)抗がん剤の治療を受ける前に、虫歯のある方は治療をすませておきましょう。
  • (4)うがいや水分補給をこまめに行い、口の中が乾燥しないようにしましょう。
  • (5)飲酒・喫煙は控えましょう。
  • (6)バランスのよい食事や、十分な休養を心がけましょう。
  • (7)口内炎ができたときは、熱いものや硬いもの、辛いものなどの刺激の強い食事は控えましょう。
    • ・ 食材は、細かくきざんだり、ミキサーにかけたり、やわらかくなるように調理すると食べやすくなります。
    • ・ 味付けは薄味にして、だしをきかせましょう。

一覧に戻る

<アンケート>みなさまの声をお待ちしています。

ご協力いただいた方には、「大腸がんに関する身近な疑問についての冊子(PDF)」をプレゼント!
※ご回答いただいた内容は、当ウェブサイト「みんなの声」にてご紹介させていただく場合がございます。

EBM標準治療について (必須)

  • よくわかった
  • 全くわからなかった

術後補助化学療法について (必須)

  • よくわかった
  • 全くわからなかった

年齢(必須)

立場(必須)

ステージ (任意)

大腸がんについて知りたいことや、このサイトに関するご意見をお聞かせください。 (任意)

※1000文字以内

  • ※こちらでのお問い合わせには返答申し上げることはできません。
  • ※疾患に関するご質問にはお答え致しかねますので、かかりつけ医・病院へお問い合わせください。
  • アンケートを送信する

ページ先頭へ



当ウェブサイトは、大腸がんやその治療法などに関する一般的な情報を提供するものであり、特定の治療法などを推奨するものではありません。病状や治療法などに関しての判断は、担当医またはかかりつけの医療機関にご相談ください。