• サイトマップ
  • 大腸がん情報サイトとは

HOME


HOME  >  大腸がんが気になる方へ  >  大腸がんの患者数はどれくらい?

大腸がんの患者数はどれくらい?

大腸がんにかかる人は、40歳から増加

日本で1年間に新たに大腸がんと診断された人数(罹患数:りかんすう)は、2011年では男性は約7万人、女性は約5万人であり、増加傾向にあります。
また、臓器別にみると、大腸がんは男性では4番目に、女性では2番目に多いがんです。

臓器別がん罹患数(2011年)

日本人10万人あたりで、がんになるのは何人なのかを示した割合(罹患率:りかんりつ)でも、やはり男女ともに、大腸がんは臓器別で上位を占めます。
その割合を年齢別にみると、大腸がんにかかる人は40歳から年を重ねるにつれて増えていることがわかります。

大腸がんの年齢別罹患率(2011年)

ページの先頭へ

大切なのは、早期発見と再発予防

日本人の死因で、もっとも多い病気はがんです。
その中でも大腸がんは、臓器別の死亡者数で上位に入ります。
では、大腸がんが治りにくい病気なのかというと、そうではありません。
がんと聞くと、あとどれくらい生きられるかを示す「余命」が気になるという人は少なくありません。
しかし、大腸がんは、早期の段階で治療を行えば高い確率で、完全に治すこと(治癒)ができます。
大腸がんは早期の段階では、症状を自覚することがありません。
早期に発見するために、40歳以上の方は定期的に検診を受けることが勧められます。

臓器別がん死亡者数(2014年)

<アンケート>みなさまの声をお待ちしています。

ご協力いただいた方には、「大腸がんに関する身近な疑問についての冊子(PDF)」をプレゼント!
※ご回答いただいた内容は、当ウェブサイト「みんなの声」にてご紹介させていただく場合がございます。

EBM標準治療について (必須)

  • よくわかった
  • 全くわからなかった

術後補助化学療法について (必須)

  • よくわかった
  • 全くわからなかった

年齢(必須)

立場(必須)

ステージ (任意)

大腸がんについて知りたいことや、このサイトに関するご意見をお聞かせください。 (任意)

※1000文字以内

  • ※こちらでのお問い合わせには返答申し上げることはできません。
  • ※疾患に関するご質問にはお答え致しかねますので、かかりつけ医・病院へお問い合わせください。
  • アンケートを送信する

ページ先頭へ



当ウェブサイトは、大腸がんやその治療法などに関する一般的な情報を提供するものであり、特定の治療法などを推奨するものではありません。病状や治療法などに関しての判断は、担当医またはかかりつけの医療機関にご相談ください。