• サイトマップ
  • 大腸がん情報サイトとは

HOME


HOME  >  大腸がんってどんな病気?  >  大腸がんの症状

大腸がんの症状

早期の大腸がんでは、自覚症状なし

大腸がんは、大腸の壁のもっとも内側にある粘膜から発生します。
粘膜にできたポリープ(良性の腫瘍)が、がんに変化する場合と、粘膜から直接がんが発生する場合があります。

粘膜より深いところまでがんが広がっていないうちは、早期の段階です。
早期の大腸がんの場合、自覚症状はほとんどありません。
粘膜を越えて、がんが大腸の壁の外側に向かって広がるにつれて、症状が現れるようになります。
大腸のどこにがんができるかによりますが、多くの場合、次のような症状が現れます。

排便の変化

  • 血便(血液が混じった便)が出る
  • 下血(げけつ:肛門からの出血)が起きる
  • 便が細くなる
  • 下痢と便秘を繰り返す
  • 便が残っている感じがする

お腹の変化

  • お腹が張っていると感じる
  • 腹痛が起きる
  • お腹にしこりがある

そのほかの変化

  • 貧血が起きる
  • 嘔吐(おうと)する
  • 急に体重が落ちている

ページの先頭へ

痔(ぢ)だと思っていたら、実は…

大腸がんの症状として多いのが血便ですが、がんだとは思わず、同じく血便が出る痔だと思い込んでしまう方は少なくありません。
大腸がんは、見つけるのが早ければ早いほど、完全に治る可能性が高くなります。
早期の段階で発見できるように、血便が出たら消化器科や胃腸科、肛門科などで、できるだけ早く診てもらうことが大切です。

<プレゼント>より良いサイトづくりにご協力ください。

アンケートにご協力いただいた方には、「大腸がんに関する身近な疑問についての冊子(PDF) 」をプレゼント!
※回答後の画面よりダウンロードいただけます。
アンケート結果の報告(集計期間:2013年8月~2014年3月)

EBM標準治療について (必須)

  • よくわかった
  • 全くわからなかった

術後補助化学療法について (必須)

  • よくわかった
  • 全くわからなかった

年齢(必須)

立場(必須)

大腸がんについて知りたいことやこのサイトに関するご意見をお聞かせください。 (任意)

※1000文字以内

  • ※こちらでのお問い合わせには返答申し上げることはできません。
  • ※疾患に関するご質問にはお答え致しかねますので、かかりつけ医・病院へお問い合わせください。
  • アンケートを送信する

ページ先頭へ


大腸がんトピックス

大腸がんセルフチェック

大腸がんQ&A

大腸がん用語集

大腸がんリンク集