• サイトマップ
  • 大腸がん情報サイトとは

HOME


HOME  >  患者さん・家族の闘病記  >  久しぶりに受けた大腸がん検診で陽性に 63歳男性の闘病記(1)

患者さん・家族の闘病記

公開日:2018.10.15

周りの人に支えられて治療も前向きに

患者さん

  • 山口さん(仮名)63歳男性
  • 大腸がん発見時:60歳(2015年当時) ステージⅢa

久しぶりに受けた大腸がん検診で陽性に

大腸がんが見つかった経緯を教えてください。

月に1回、糖尿病を診てもらっているかかりつけの先生から、「ここ数年、受けていないでしょう。一度受けておいたほうがいいですよ」と大腸がん検診を勧められたことがきっかけでした。言われたとおりで、仕事を理由に5~6年くらい受けていませんでした。そこで便潜血検査を受けてみたところ陽性の判定で、大腸内視鏡検査ができる病院に紹介されました。
大腸内視鏡検査を受けたところ、ポリープがたくさん見つかりました。そこでははっきりがんとは言われませんでしたが、より専門的な検査が必要と言われ、大学病院を紹介されました。改めて大学病院で検査をしてもらい、S状結腸の大腸がんと診断されました。

最初に大腸内視鏡検査を受けたときの様子はどうでしたか?

検査に立ち会った先生方が「ポリープがここにもある、ここも見ておこうか」と言葉を交わされるのが聞こえてきました。それまで、病気の情報はテレビや新聞から見聞きする程度で、「ポリープ=がん」と思っていたため、ポリープがたくさん見つかったと聞いて「治らないんじゃないか」という不安が頭をよぎりました。このときのショックが一番大きかったですね。
検査後、妻には「治らないかもしれないから覚悟しておいてほしい」と伝えました。また、わたしたち夫婦には子供がおらず、もしものときに一人残される妻のことが気がかりでしたので、動揺していることを見せないように振る舞ったのを覚えています。

大学病院で検査を受けて、その結果を聞いた(告知を受けた)ときはどのような気持ちでしたか?

検査結果は妻と二人で聞きました。先生が図を使いながらがんの場所を説明してくれて、ステージⅢaのS状結腸のがんだとわかりました。ポリープが見つかった段階で「自分はがんだろう」と覚悟はしていたので、大腸がんと診断されたことのショックはそんなにありませんでした。それよりも、「手術すれば高い確率で治りますよ」と言われて安心した気持ちの方が大きかったです。妻はすでに手術後の食事のことが心配だったようで、先生にしきりに質問していましたね。

大腸がんと診断されたとき、お仕事はどうされていましたか?

大腸がんが見つかったのは、ちょうど定年退職後にパートタイムとして、友人の経営する町工場で働きはじめた頃でした。がんと診断された後、すぐに職場へ連絡しました。入院から退院まで20日ほどかかると先生から説明を受けていたので、手術のときに1ヵ月ほど休ませてほしいと伝えました。幸いにも、業務はうまく調整してもらえ、友人からも自分のペースで復帰してもらって構わないと言ってもらえました。本当に助かりました。友人でなければ、ここまで融通はきかなかったでしょうね。

Loading...

<アンケート>みなさまの声をお待ちしています。

ご協力いただいた方には、「大腸がんに関する身近な疑問についての冊子(PDF)」をプレゼント!
※ご回答いただいた内容は、当ウェブサイト「みんなの声」にてご紹介させていただく場合がございます。

大腸がんの手術後の生活についてお聞きします

術後の生活について、手術前に思っていたよりも大変だったこと、または大変ではなかったことを教えてください。 (任意)

※1000文字以内

術後の生活を送るうえで大変だったことはどのように工夫して乗り越えましたか。またこうしておけば良かったといったことはありますか。 (任意)

※1000文字以内

当ウェブサイトへお越しいただいたみなさまにお聞きします

年齢(必須)

立場(必須)

ステージ (任意)

術後の生活で不安に感じることについて、具体的にどのようなことがありますか。 (任意)

※今後、術後の生活に関して医師にインタビューを行う予定です。いただいたご質問をインタビュー時の参考にさせていただきます。

※1000文字以内

  • ※こちらでのお問い合わせには返答申し上げることはできません。
  • ※個別の病状に関するご質問にはお答え致しかねますので、かかりつけ医・病院へお問い合わせください。
  • アンケートを送信する

ページ先頭へ


主な公的助成・支援制度の紹介

大腸がんトピックス

大腸がんセルフチェック

大腸がんQ&A

みんなの声

大腸がん病院検索

大腸がん用語集

大腸がんリンク集


当ウェブサイトは、大腸がんやその治療法などに関する一般的な情報を提供するものであり、特定の治療法などを推奨するものではありません。病状や治療法などに関しての判断は、担当医またはかかりつけの医療機関にご相談ください。