• サイトマップ
  • 大腸がん情報サイトとは

HOME


HOME  >  大腸がんトピックス  >  【仕事】がん治療をしながら仕事を続けられる?

大腸がんトピックス

【仕事】
がん治療をしながら仕事を続けられる?

(13/05/20)

がんと診断された場合、がんという病気に対する不安だけでなく、「仕事を辞めなければならないのだろうか」、「仕事を休む必要があるのだろうか」と仕事について不安になる方は少なくありません。

そんなときは、まず今後の治療スケジュールについて、主治医によく聞いてみましょう。
治療スケジュールがわかれば、仕事を続けられるのか、いつ頃どの程度の日数を休む必要があるかの見通しを立てることができます。
医療従事者インタビューでは、大腸がんの手術のために入院してから退院までにかかる日数や、外来通院(手術後の化学療法)の期間の目安が紹介されています。
ただし、体調の変化や治療による副作用なども考慮に入れる必要がありますので、実際にどの程度の日数を休む必要があるかは、主治医と相談してみましょう。

また、勤め先に利用できる休職・休暇制度があるかを確認しましょう。
制度がある場合でも、内容は勤め先ごとに異なりますので、勤め先の就業規則を確認してみてください。
利用できる制度がない場合でも、人事部・総務部といった部署や上司に事情を伝え、相談してみましょう。

もちろん、がんに立ち向かうためには治療や静養の期間が必要ですが、仕事を続けることも十分に可能です。

一覧に戻る

<アンケート>みなさまの声をお待ちしています。

ご協力いただいた方には、「大腸がんに関する身近な疑問についての冊子(PDF)」をプレゼント!
※ご回答いただいた内容は、当ウェブサイト「みんなの声」にてご紹介させていただく場合がございます。

EBM標準治療について (必須)

  • よくわかった
  • 全くわからなかった

術後補助化学療法について (必須)

  • よくわかった
  • 全くわからなかった

年齢(必須)

立場(必須)

ステージ (任意)

大腸がんについて知りたいことや、このサイトに関するご意見をお聞かせください。 (任意)

※1000文字以内

  • ※こちらでのお問い合わせには返答申し上げることはできません。
  • ※疾患に関するご質問にはお答え致しかねますので、かかりつけ医・病院へお問い合わせください。
  • アンケートを送信する

ページ先頭へ



当ウェブサイトは、大腸がんやその治療法などに関する一般的な情報を提供するものであり、特定の治療法などを推奨するものではありません。病状や治療法などに関しての判断は、担当医またはかかりつけの医療機関にご相談ください。