• サイトマップ
  • 大腸がん情報サイトとは

HOME


HOME  >  大腸がんトピックス  >  【再発】大腸がんが再発しやすい部位は?再発する可能性は?

大腸がんトピックス

公開日:2014.03.17

【再発】
大腸がんが再発しやすい部位は?再発する可能性は?

大腸がんの手術を行い、手術でがんを取りきれたと判断された場合でも、その後しばらくして再発してしまうことがあります。
大腸がんの再発には、がんがもともとあった部位の近くに起こる「局所再発」や、肝臓や肺などの大腸以外の臓器に再発する「遠隔転移」などがあります。

結腸がんと直腸がんでは、再発しやすい部位が異なります。
結腸がんでは、肝臓での再発が最も多く起こります。
一方、直腸がんでは、肝臓、肺、局所での再発がそれぞれ同じぐらい起こります。

結腸がんと直腸がんの再発部位とその再発率

再発部位 再発率
結腸がん 直腸がん
肝臓 7.0% 7.3%
3.5% 7.5%
大腸 局所 1.8% 8.8%
がんの切除後につなげたところ 0.3% 0.8%
その他 3.6% 4.2%
全体 14.1% 24.3%

※RS(直腸S状部)は結腸として集計
出典:大腸癌研究会プロジェクト研究1991~1996年症例

大腸がんの再発のうち、約95%が手術を終えてから5年以内に見つかります。
再発を早期に発見できれば再び手術で取りきれる可能性が高くなるため、少なくとも手術後5年間は、定期的に検査を行います。

再発率は進行度(ステージ)によっても異なり、ステージが進むにつれて高くなります。
ステージⅢの患者さんや、ステージⅡであっても再発の可能性が高いと判断される患者さんは、手術の後に術後補助化学療法という抗がん剤治療を行う場合があります。
再発の可能性や、術後補助化学療法の必要性については、主治医とよく相談してください。

Loading...

一覧に戻る

<アンケート>みなさまの声をお待ちしています。

ご協力いただいた方には、「大腸がんに関する身近な疑問についての冊子(PDF)」をプレゼント!
※ご回答いただいた内容は、当ウェブサイト「みんなの声」にてご紹介させていただく場合がございます。

EBM標準治療について (必須)

  • よくわかった
  • 全くわからなかった

術後補助化学療法について (必須)

  • よくわかった
  • 全くわからなかった

年齢(必須)

立場(必須)

ステージ (任意)

大腸がんについて知りたいことや、このサイトに関するご意見をお聞かせください。 (任意)

※1000文字以内

  • ※こちらでのお問い合わせには返答申し上げることはできません。
  • ※疾患に関するご質問にはお答え致しかねますので、かかりつけ医・病院へお問い合わせください。
  • アンケートを送信する

ページ先頭へ



当ウェブサイトは、大腸がんやその治療法などに関する一般的な情報を提供するものであり、特定の治療法などを推奨するものではありません。病状や治療法などに関しての判断は、担当医またはかかりつけの医療機関にご相談ください。